恋愛基礎知識

世界一、簡単に彼女を作る秘策とは?

「彼女が出来ない」と言っている人の多くは、まず出来るための努力をしていないと思います。
恋人のいない女性のいるところに行かないと彼女なんてできません。


もちろん恋人がいても、略奪愛ということもありますが、
ただ、実際には、それは非常に難しいと言えると思います。


そして、逆に、「恋愛はタイミング」などと、悠長に構えているから、
可愛い彼女は、皆、他の人に取られていくのです。


だから、まずは、積極的に、行動することです。
ただ、だからと言って、いきなり告白したり、デートに誘っても、
なかなかうまくいきません。


いきなりうまくいくのは、イケメンの人だけです。
外見が良ければ、第一印象は良いですね。
私たち、男性が、かわいい女性と付き合いたいと思うのと同様に
女性だって、「どうせならイケメンが良い」と思っている人は多いのです。


さて、イケメンでない人が、女性に好意を持ってもらうには、どうすればよいのでしょうか?

 

ここからが大切なポイントですが、
「笑わせること」
です。


これは、ビジネスでも応用が利くことですが、人は笑うことで、相手に対して警戒心を解くのです。
もちろん、愛想笑いではなく、心からの笑いが必要になります。
なので、その人なりの「大笑い」を引き出すことが大切だと思います。


もちろん、人前で「大笑い」しない人はいますので、その人なりでOKです。


実は、人を笑わせるって、そんなに難しいことではありません。
特に「自分を落とす」テクニックは、簡単に笑わせることが出来るものです。
「あるあるネタ」なども良いでしょう。


私「こんな失敗しちゃったんです」
彼女「あ~、それあるある!」って感じですね。


もちろん、会話慣れしてない人は、これも難しいと思うので、
普段から、とにかく笑わせることを意識してみてください。
別に滑っても良いんです。
芸人じゃないんですから、100%当てる必要なんてありません。
滑っても良いので、笑わせましょう。


ただし、厳禁なことがあります。
いわゆる親父ギャグのような、「ネタ」はあまりしないほうが良いです。
ネタになると、やっぱり「笑ってあげないと駄目かな?」って相手に気を使わせますし、
下手をすると、「寒い」と思われてしまいます。


あくまでも、「雑談」です。


自分を落とすのが苦手な人は、まったく関係ない第三者ネタでもOKです。
ただし、いけないのは、お互いの知り合いは、あまりネタにしてはいけません。
嫌な思いをする人がいるからです。


例えば、私が所属する趣味のサークルには、少し変わった人がいて、
結構話題になります。
「だから、あの人は彼女が出来ないんだ」とか。


でも、それって、聞いてるこっちは、良い気がしません。
だって、同じ仲間だから。


どこのだれか知らない人だから、笑えるんです。
また、滑っても、滑ったことさえわかりません。
ネタじゃないから。


むしろ、自分が先に笑ってしまっても、問題ないような話題が良いでしょうね。


一例をあげると、
「野球の練習でボールをとろうとしたら、うっかりグローブを踏んじゃって、
すっごく、大きく転んでしまって、皆に笑われちゃった」とかですね。


いわゆる普通の雑談なので、「へー」で終わってしまっても、滑った感じは無いですよね。
次を話し始めればよいんです。


逆に、笑ってくれれば、それで少し距離が縮まったことになりますし、
また、相手の笑いのツボや、好きなことがわかります。


相手の反応が鈍いと、違う話題を考えれば良いんです。
誰でも、笑うと気分が良くなります。
だから、ちゃんと笑わせてあげてください。


好きになるというのは、いきなりloveは難しいです。
まずは、likeを目指しましょう。


ただし、注意点としては、あまり最初からひどく自分を落としすぎて、
イメージダウンになることは避けてくださいね。


例えば、「部屋の中は足の踏み場の無いぐらい汚くて」などと言っちゃうと、
潔癖症気味の人なら、そこで引いてしまいます。


雑談の中で、小さな笑いを入れて、それを大笑いに持っていくイメージです。
最初から大笑いを狙わないようにしてください。

カテゴリー:恋愛基礎知識

恋愛で無理はするな!

よく彼女を作るために、無理をする男性がいます。
例えば、最近は車を持たない男性が多いので良いのですが、
以前は車を持っている男性がステータスでした。

その場合、他人から借りたり、無理なローンを組んで買ったりした人もいたと思います。
しかし、嘘はいつかばれますし、仮にばれたときは、嘘をつかないよりも悪い状況が待っています。

また、無理して買った場合も結局、ツケを払うのは彼女の方です。

 

例えば、あなたと結婚したいと思った時に、「貯金が貯まっていない」など。

 

もちろん、一時のお遊びなら、構わないでしょう。
でも、無理をすると、やがて結婚を考える彼女にしわ寄せが行きます。

学生時代と違って社会人で作る彼女は少なからず結婚は意識しておいた方が良いでしょう。
特に女性は30歳というのは、非常に気になる年齢です。

 

やはり、出産を考えると、35歳以上は高齢出産と言われますし、
また、参観日などに行く時も「お母さん若いね」って言われたいと考えると早い結婚を望む人も多いです。

最近は晩婚化していると言われていますが、希望としては25歳までに結婚したい人も多いと思います。

 

そう考えると、男性もあまり無理をするのは考え物でしょう。

カテゴリー:恋愛基礎知識

ここをクリック⇒ 愛もキレイも手に入れるパワーストーン略奪愛成功の法則出会いスポット別女性攻略法恋愛モード会話術