社会人になってから出会う方法

出会い系サイトってどうなの?

さて、単純に出会いということを考えると「出会い系サイト」が思いつくと思います。
なんとなく、怪しいイメージのある出会い系サイトですが、実はもともと結構健全なサイトだったんですよ。


実は、私の妻は、いわゆる友達募集の掲示板で知り合った人です。
言ってみれば、出会い系サイトのようなものと言えます。
実は、当時は健全な出会い系サイトが多かったんです。


昔、「テレクラ」というのがありました。
その時代、テレクラは怪しいけど、ネットの出会いはまじめに出会いを探している人が多いというイメージでした。


実際、私は7,8人の方とお会いしましたが、皆まじめに出会いを探していました。
ただ、おそらくテレクラの業者などが移ってきたのでしょう。
最近ではサクラが多かったりと怪しいところも増えてきました。


今は、それを見極めるのが難しいので、出会い系サイトはお勧めしていません。

それでも、出会いを作りたい方には、婚活サイトをお勧めしています。
いわゆるお見合いパーティなどを主催しているサービスですね。
特に運営もとがはっきりしていると安心ですね。


例えば、こちら。

 

あの、ライブドアが運営しています。
ライブドアは別に出会い系をしなくても儲かる企業です。
逆に変なサクラなどを用いてイメージダウンになれば企業にとって死活問題です。
つまり、それだけ安全ということですね。


もちろん、有料ですが、気に入った相手が見つかるまで無料で探せます。
また、有料だからこそ、本気の人しかいません。


こういう些細な一歩が、社会人になって彼女を作るには大切なことだと思います。

タグ

社会人になると、本当に出会いはないのか?

良く、社会人になると出会いがないと言いますね。
でも、本当にないのでしょうか?

そんなことは、無いはずです。
街を歩いていても女性はたくさんいますし、コンビニの店員さんも女性が多いですね。
銀行の窓口だって女性がほとんどです。

ただ、そこで接点がないんですよね。

 

私の知人ですが、銀行の窓口の女性を好きになったそうです。
ですが、どう接点を持って良いかわからないというのです。
たしかに、そうです。
営業中に告白しても、迷惑なだけですし、相手の方がよほど恋人募集でもない限り、
普通は相手にされないでしょう。

だって、仕事中ですからね。
まあ、せいぜい、こっそり手紙を渡すぐらいでしょうけど、それも迷惑ですよね。

 

かと言って、仕事終わりを待ち伏せすると、もはやストーカーに近い(笑)

 

結局、出会いはあっても、具体的な接点を持つ方法がないというのが正しいところでしょう。
共通の知り合いなどがいて、合コンをセッティングしてもらったりしないと出会いがないわけです。
あるいは、自分でセッティングするか。

 

しかし、考え方を変えれば、出会いはそこにあると言えます。
例えば、先ほどの銀行員であれば、入り口ですれ違うのは決して不思議なことではありません。
ましてや窓口なら、目について当たり前。
ということは、仕事の前や終わりの時間を見計らって、待ち伏せするのは本当にストーカーなのでしょうか?

相手の迷惑も顧みず、しつこくするとストーカーでしょうけど、
実際、手紙を渡して「窓口であなたを見て好きになりました」と書くことは本当に迷惑でしょうか?
今はメールがあります。相手の方もメールで断ることだってできるでしょう。

 

結局、接点を持つ努力をしないことが社会人の出会いの場を奪っているのではないでしょうか?
出会いはないのではなく、自分で壁を作ってしまっているのだと思います。

ここをクリック⇒ 愛もキレイも手に入れるパワーストーン略奪愛成功の法則出会いスポット別女性攻略法恋愛モード会話術